2015年04月19日

KTW メタルイサカ マルイシェルカスタム 解体新書その2

こんにちは。NDZです。
先日に引き続き メタルイサカのマルイシェルカスタム構造を紹介します。


さて、レシーバーを分解します。
まずはメタルのアウターバレルを分解します。

こちらは下部からイモネジ一本で固定されています。
レシーバーは通常通りネジをはずします。

割る前にポートから手を突っ込んでバネが飛び出さないように抑えます。
バネは6発同時発射で初速を稼ぐ為に強力な物を使用しています。


これでパッカリ割れました。

ポートからシェルマガジンをスムーズに挿入する為のガイド等を新設しています。


また本来マガジンチューブまで伸びている、シリンダーのガイドパーツを短縮しているほか、
シェルマガジンをロックする為のパーツを新造しています。

シェルマガジンが入る様子を分解状態で再現してみました。




シェルロックのパーツでカチリとロックされます。
このパーツはコッキングの際シリンダーが前進されるとロック位置で固定され
不意にコッキング中にシェルが外れてしまう事を防ぐ仕組みになっています。


給弾口には逆流防止弁があり、シェルを抜くと作動し、経路上のBB弾がこぼれるのを防ぎます。


全体の仕組みとしては以上になります。
KTWイサカのシェルマガジン化にチャレンジしたい方はぜひ試してみてください。
剛性&重量感のメタルボディ、6発同時発射&素直な弾道、マルイシェルマガジンによるリローディング
これらが組み合わさって理想のショットガンが完成しました。

こんなの自分では無理!!という方、
カスタム依頼受付を検討中です。
もしご興味ある方がいましたらご連絡ください。
反響次第で考えますので・・・

では、みなさんインドアフィールドで会いましょう!

  


Posted by ibex  at 14:24Comments(0)カスタム

2015年04月18日

KTW メタルイサカ マルイシェルカスタム 解体新書その1

ブログを見ていただいている皆様こんにちは。NDZです。
今回は検索ワードでも多い、KTWイサカのマルイシェルカスタムの内部構造について解説していこうと思います。
ちなみに、現在は多方面からメタルイサカのマルイシェル・カスタム依頼があるため
量産化(といっても手作業レベル)するために検討中です。今回のご紹介は試作段階の状態です。

フリップ好きさんに教えてもらった6発多弾発射もオリジナル構造へ変更し搭載されておりますが、
機密保持の為公開できません事ご了承ください。

さて、さっそく分解していきましょう。
まずはグリップをはずします。

そしてフォアグリップをはずします。
ここまでの手順はノーマルイサカと変わらないのですが、シェルロック機構があり邪魔なので
少しコッキングしてシリンダーを後退させた状態でプッシュバーのロックを外します。


バレルとマガジンチューブを固定している、ノーマルイサカでいうマガジンを入れる口のパーツを外すと・・・


このようにマガジンチューブが外れます。
ここはノーマルのイサカから大きく改造しており、亜鉛合金製レシーバーのマガジンチューブ部分を切り飛ばしてあります。
鉄パイプ製のマガジンチューブには下記が内蔵してあります。
・KTWイサカ純正マガジンを改造したシェルマガジンイジェクター
・KTW純正樹脂ボディレシーバー流用のシェルマガジンホルダー

このマガジンホルダーはKTWドンサン製樹脂ボディのマガジンチューブ部分を流用している為、
切った貼ったで見た目はアレですが・・・一応機能確認という事で耐久試験も兼ねて実戦投入しておりますが
現在特に問題ないです。


次回はメタルレシーバー分解します。
ではまた。






  


Posted by ibex  at 12:07Comments(0)カスタム

2015年04月07日

KTWイサカ多弾同時発射&マルイシェルマガジン仕様(樹脂ボディ)

前回はメタルボディのイサカカスタムを紹介しました


今回は、樹脂ボディのカスタム内容の紹介です。
ただし、現在新しい改造の検討をしていますので、最新状態ではないのでご了承ください。
色々試行錯誤した遍歴の紹介という内容ですね



さて、いきなりですがこちらは内部の写真です。
コッキングする前の状態です。

名前よくわからないんですが、トリガーがと連動する長い板をステンレス板で新造しています。
スプリングがあたる場所や可動などいろいろ試しましたね。

ポート部を外から見るとこの板がジャマでマガジンを挿入できない状態です。
そして

こちらがコッキングした状態です。
シリンダーが後退する事で先ほどのバーが上部に傾き、マガジンを受け入れる事が出来るようになります。
シェルを下部のポートからローディングする形になります。シャキーン!

そしてコッキングを戻せばチャンバーに6発装填され発射準備完了です。

チャンバーに関しても色々試しました。
数え切れないほどのバリエーションがある中の、途中経過ですが。

かくして、樹脂ボディ版の「多弾同時発射&シェルマガジン仕様」カスタムは一旦完成しました。
まだまだ問題点は色々あり、改良を検討していますので、
進捗はまた追ってご紹介していこうと思っています。

また並行して「多弾同時発射&シェルマガジン仕様メタル版」の構造なども紹介していきたいと思います。

ではまた。  


Posted by ibex  at 01:17Comments(3)カスタム

2015年04月02日

電動ハンドガンマガジン 弾上がり改善

こんにちは!疲れて芋ろうと思っても前に出てしまうKです。
ちょっと地味ですが、電動ハンドガンマガジンの弾上がりの悪さを解消する方法です。

写真はUSPのマガジンですが、まずはバラバラにしてパーツクリーナー等で綺麗に洗浄します。
洗浄が終わったら、クリアードライを各部に吹き付けます。

このスプレーなんですけど吹き付けると直ぐに乾いてサラサラになります。本当は車の戸当たりゴム等に吹いて滑りを良くする物です。
他の潤滑剤と違って、吹き付けた後に乾いてしまうためゴミやホコリが付着しないのが特長です。


後は組み付けなんですが、写真のようにスプリングの下にプラ板で作った2ミリ前後の下駄を入れて組み付けます。スプリングの張力を稼ぐ為です。

この方法は、いつもお世話になっているチューナーさんから教えて頂いたもので、自分はこの方法でだいぶ弾上がりが改善されました。(クリアードライを使うのは自己流です)
インドア近距離で弾が出ないとか最悪ですからね!
色々、方法はあると思いますが、ほんの一例って事で紹介してみました。
  


Posted by ibex  at 11:48Comments(0)

2015年04月01日

電動ハンドガンマガジンポーチ&シェルマガジンホルダー



今回は電動ハンドガン(グロック)のマガジンポーチと
オリジナルシェルマガジンホルダーの紹介です。

まずは電ハンマガジンのポーチです。
物自体はファストマグ(レプリカ)にインナーを追加して2本収納しています。

みなさん電ハンマガジンのポーチ探しは色々悩んでる様で、
これをフィールドで使っていると結構声を掛けられます。


寸法は電ハンの種類によりマガジンの寸法も違うので現物合わせが良いと思います。
インナーはt=1mmのポリカーボネート板を曲げた自作品です。
ポリカは耐衝撃性があり、カッターの背で傷をつけると上手く曲げられます。
黒く見えるのは多少のテンションを掛けるためのフェルトシート(t=2mm)です。



続いてショットガンシェルマガジンホルダーです。

こういうのなんていうの?w正式な名称しらないんですが・・・
実銃ならまとめて取り出してローディングするんでしょうね。
エアガンではただ単に取り出しやすいマガジンホルダーとして使っています。
ネットで見た画像を見ながら、シェルマガジンの寸法を採寸してABS板貼り合わせにて作成しています。



裏はMOLLE規格に合わせてゴム板にてベルトにしています。


詳細寸法やつくり方など、興味ある方はコメントいただければ幸いです。

  


Posted by ibex  at 03:58Comments(0)オリジナル装備品電動GLOCK