スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年09月30日

ハイキャパE 外装カスタム その①

みなさんこんばんは。NDZです。
なにか弄ってないと気がすまない性格でして、また所持アイテムをバラしだしてしまいました・・・

こちらはチームメンバーのKさん伝手でカスタムメーカーさんに依頼して内部を弄ってもらったハイキャパEです。
コイツの性能、すごいんですよ~。
初速は0.2mg 80m/s 弾道もメチャ素直な頼れるサブウェポンです。

内部はまったく弄るつもりないのですが、外装をカスタムしようかと検討中。
INFINITYという1911系の超有名カスタムメーカーがカッコいいなと。
そこで参考にしようとしている画像がコチラ(無断転載・・・)



どれも渋い!!

そういえばKさんからもハイキャパの外装カスタムをそれとなく依頼されていたような気が・・・
こんなカスタムどうでしょうか~?

つづく  


Posted by ibex  at 02:09Comments(2)カスタム

2015年09月26日

【ヤフオク出品情報】マルイHK45 SALIENT ARMS INTERNATIONAL カスタム

こんばんは。NDZです。
マルイHK45SAIカスタムですが、オークションに出品いたしました。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/202618925

手前味噌で恐縮ですが、純正樹脂スライドを加工した「サバゲで使えるSAIカスタムハンドガン」
気兼ねなくサバゲーフィールドで使っていただきたいと思います。

一つ難点は、説明しないと金属スライドと思われあらぬ疑いを掛けられちゃう事でしょうか・・・
自分もよくあります。その都度説明してるんですけどね~。

過去記事見ていただいてる方はご存知かと思いますが、改めて仕様説明をさせていただきます。
■仕様
・東京マルイ HK45をベースにSAIカスタムを施した商品です。
・スライドは純正樹脂製を加工し、アルマイト調塗装・ステッカー貼り付け後、つや消しウレタンクリアー塗装済みです。
・アウターバレルは純正樹脂製を塗装後、ステッカー貼り付け、つや消しウレタンクリアー塗装済みです。
・フレームにステップリング加工済み
・内部ノーマル
・初速(6mmBB弾、0.2g 気温20度):65~70m/s
・中古品となります

■付属品
・純正マガジン 3本付き

よろしくお願いいたします。

  » 続きを読む


Posted by ibex  at 03:25Comments(0)カスタムヤフオク情報

2015年09月25日

マルイHK45 SALIENT ARMS INTERNATIONAL カスタム 完成


みなさんこんばんは。NDZです。
マルイHK45 SAIカスタム完成です。
昨日の記事ではスライドとアウターバレルの塗装、ロゴ貼り付けまででした。
こちらはウレタンつや消しクリアーを塗装してほぼ終了(写真の写り方で真鍮色っぽくなりましたが本物はブロンズ調です)

本当は角にRの肉抜きなどがあるのですが、機械加工が必要になってしまうので今回はオミット。
ブロンズ塗装+つや消しクリアーで落ち着いた金属感が得られ、この仕上げはお気に入りです。
以前作成した電動グロックSAIカスタムと同じ処理になります。

あとフレームの方にはステップリング追加

パターンもオリジナルになります。

という訳で完成しました。
遅ればせながら今回このカスタムのコンセプトを紹介。
■サバゲで堂々と使えるSAIカスタム!
メタルスライドなどカスタムパーツは数あれど、やはり法律的にはあくまでグレー。
カッコ良い!みんなに自慢したい!だけど・・・サバゲフィールドで使うのははばかれますよね?
こういうジレンマを抱えてる人は少なからず居ると思うのです。
そんなあなたにこんな提案、いかがです?

完成写真をご紹介。





スライド動作時にアウターバレルのステッカーや塗装を傷つけてしまうのではないかと思ったのですが、
意外と干渉していないみたいで持ちそうですね。
あと、スライド可動部には塗装が入らない様にマスキングしたおかげで、動作は快調そのものです。
スライドの肉抜きして分かった事があるのですが、それはスライドの成型厚。3mmはあり相当頑丈なので
スライドが割れる事は無さそうですネ。(保障は無いですが・・・)

ではでは!
  


Posted by ibex  at 00:08Comments(0)カスタム

2015年09月23日

マルイHK45 SALIENT ARMS INTERNATIONAL カスタム


みなさんこんばんは。NDZです。

今回、マルイ ガスブローバックHK45をSAIカスタムしたいと思います。
実銃でのHK45SAIカスタムは見当たらなかったのですが、P30の写真を参考に進めます。
架空なのかもしれませんが、細かいことはキニシナイ!カッコよければいいのです。

(無断転載ですが)参考はコチラ

まずは分解して、スライドをスキャナーで読み込み3面図のベースにします

ここからトレースして、穴の大きさ、ロゴの大きさ、位置などを決めます。

印刷した紙を貼り位置だしします
印象的なスライドの肉抜きが完成

両サイド下部のセレーション追加


ヤスリで一つづつ削ろうと思ったのですが面だしが出来無そうなので、一度全部削り落としてから
リブを追加する方法をとりました。手加工だから機械加工のような緻密さは出せませんけどね。

そして塗装準備完了!
アウターバレルも一旦塗装を剥いであります。

塗装完了!
ですがアウターバレルに使った金色の塗膜が弱いことが判明。
マスキングテープとかで剥がれちゃうよ・・・
急遽参考画像を変更!

黒いバレルも良いね~

ということでバレルは金塗装を剥がして黒にしました。
ロゴステッカーはアルプスのプリンターで作成。
今日はここまでにしとこう。
続く。




  


Posted by ibex  at 22:06Comments(0)カスタム

2015年09月17日

ワンダーフォーゲル!

おはこんにちばんわ!Yです!

先週末は久々にTEAM IBEX全員揃ってサバってきました!
フィールドは前の記事で紹介がありました「ワンダーフォーゲル」というフィールドです。

「ワンダーフォーゲル」は2014年に出来たばかりの山中湖湖畔にそびえる廃墟フィールドです。
WF_1
当日は少し曇りぎみ、途中雨も少し降りましたが、その後は晴れ。富士山をバックに望む事ができました。

スタッフさんの説明によれば、普段は映画やドラマの撮影で使用しており、ロケーションの雰囲気を出すために人工のバリケードは最低限のものしか設置していないとの事。
フィールドマップ等も公開しておらず、それに関連する質問もNGです!自分の脚と身体で覚えるべし!
なのでこの記事でも写真は部分的な公開のみになります。
ゲームでは建物そのものの形状を生かしたリアリティのあるバトルが楽しめますが、それはすなわちゲームで勝利するためにチームワークと戦略が求められるという事になります。

次に基本的なレギュレーションですが、ここは珍しく会員制を導入しており、参加回数や腕次第で階級が上がり、それに応じた様々なウェポンが使用可能となります。また、KSCとの提携も行っており、市販前の製品の試射や割引など様々な特典が得られるそうです。
■初速制限
98m/s(1J)以下。

■セミ/フル
基本的にはセミオートのみ。
日によってフルオートゲームを行う事もあるそうですが、人数とメニューによって様々と思われます。

■弾数制限
大体300発程度。
その日のゲームメニューによるかもしれませんが、ライフル系の多段マグは1個のみ、ノーマルマグとの併用は不可能です。
ハンドガンは多段/ノーマル共に無制限でした。
実際ゲームでは300発も必要ないくらいでした(笑)

■モスカート/グレネード等
モスカートをはじめとしたグレネードやトルネードも使用制限は無し。
ただしクレイモアのみ一部の会員のみ使用可能。

■レーザーサイト/フラッシュライト
フラッシュライトは点滅、点灯共に制限なし。
ただしレーザーサイトは一部の認められた会員のみ使用が可能です。

それでは軽くフィールドを紹介します。
WF_6
駐車場から中に入ってまず目に飛び込んでくるのは建物の屋上を利用したシューティングレンジ。
長さは充分で、最奥まで50Mはあるでしょうか。見通しが良い事もありセッティングにはもってこいです。

それと写真は撮れていませんが、セーフティ全て室内で快適そのもの。照明は少なめで少し暗かったですがそれも雰囲気を盛り上げるためでしょうかw
ショップや運営も充実しており、不満点は皆無!

メインとなるフィールドはコンクリート造りの2階+4階建ての建物と、外周を囲む屋外の構成。
WF_2
建物は南北に長い造りで、コンクリートがむき出しになった暗くなが〜い廊下が雰囲気は抜群!
ずらっと並んだ個室も使う事ができますがこれらの攻略がなかなか難しく、暗い事もあって建物内の戦闘ではフラッシュライトが活躍する場面が多々ありました。
WF_3
WF_4
いくつかある出入り口から外に出ると吹き抜けの通路があり、こちらも攻防の要となります。
このフィールドでは空いてる窓やドアからの撃ち下し等は全てオッケイ。(ただし所々に空いた小さい穴からの撃ち抜きはNGです!)
なのでこの通路を移動する際は360°全方位の警戒が必要です。

WF_5
そして建物と囲むように存在する屋外フィールド。
木々が生い茂る雑木林で、豊富なブッシュを生かした戦術とバトルが可能です。
こちらも様々な箇所からアクセス可能ですが、外を迂回して窓から侵入なんていうSWATばりの戦略もアリです。

最後に、当日は人数が多かった事もあり、膠着してしまう場面も多々ありましたが、チームワークを生かしてバッチリゲームが決まった時はとても楽しいフィールドでした。(一部壁や柱を抜く事で膠着状態も解消され、さらに面白くなりそうですが法律や構造的な観点から難しいかもしれませんねw)
ウェポンはライフルよりもハンドガンやショットガンが光る場面が多く、”性能よりも腕”を体現するフィールドです。
スタッフさんの対応も良く、ゲームメニューも一般的な物とはひと味違った工夫があったりと、ユーザー目線で考えられた楽しい物ばかりでした。
今後の展開に期待です!
以上簡単ではありますが総評でした^^)

山中湖湖畔のインドアフィールド「ワンダーフォーゲル」!
みなさんも是非一度参加してみてはいかがでしょうか!

それでは〜!  


Posted by ibex  at 01:10Comments(0)フィールドレビュー

2015年09月14日

KTWイサカカスタム・・要調整・・・


みなさんこんばんは。
IBEXのNDZです。

先日の9/13は久々にサバゲーに行ってきました!
場所は富士山ふもと山中湖にある「ワンダーフォーゲル」です。
フィールドレビューは後ほど別記事で(Y君お願いね)

さてさて、自分はチームのKさんに依頼されていたメタルイサカを渡して
使ってもらおうと思ったのですが・・・
コッキングでロックしてしまったりホップが弱かったりと、正直お渡しできるレベルになっておらず
セーフティーで分解や調整したのですが根本的には改善しませんでした。icon15
ゲーム中もですねえ、ずっと頭の中で分解して原因を探ったりしてて、気になってしょうがなかった・・・
帰ってからすぐに分解調整に入りました。


次回は必ず!調整して完璧な状態でお渡ししますね!
そういえばイサカの初速計測の時にフィールド関係者の方から声掛けていただきましたね。
ブログを見てたとの事。
試射も見たい!と言ってくださって一緒に見たのですが・・・
ホップが弱く本領発揮ならず。
「・・・いや、すごいですね・・・」
と微妙な反応でした~。いや、情けない・・・

とまあ、サバゲは楽しかったのですがその辺で非常に悔しかった一日となりました。
では。
  


Posted by ibex  at 23:55Comments(3)カスタム

2015年09月11日

武器庫新調

みなさんこんばんは。
サバゲーに出かけるのに、人一倍荷物の多いNDZです。
今までツールケースなど大きさもバラバラで大変だったんですが、
武器庫として折りたたみコンテナを導入しました。


自分TRUSCO中山ダイスキッス!
同じケースを3つ買いました。


①ハンドガン、弾薬、マガジン
②ベスト、ポーチなどの装備品
③使わないアイテム倉庫
と分けてサバゲには①と②を持っていきます。

重量が相当重くなるわけですがそこで登場の秘密兵器

耐加重100Kg!のキャリー。タイヤも大きいのでオフロードもいけます。

あと、今までハンドガンの収納とか持ち運びは結構悩みました。
1丁ずづガンケースに入れるのが理想かもしれないけど、結構嵩張るし。
家での保管とそのままサバゲフィールドに運搬できる方法ないかな~と模索していたところ・・・
ホームセンターであるものが目に留まりました。

発泡スチロール製レンガブロック
このアナにハンドガン刺せばちょうどよさそうだなと。
一個150円くらいだし安いからとにかく買って帰って実験だ!

ジャーン
なんかピッタリ♪
端の余ってるところでサイレンサーが刺さるところも作ってみた。
整理整頓できて気持ちいい今日この頃でした。

今週末は久々のサバゲーです。
準備万端すな!

ではでは~




  


Posted by ibex  at 01:31Comments(0)自作

2015年09月05日

M870SAI


ずいぶん更新が滞っておりました。
結構前に買ったんですが、弄る暇が無く放置されていたマルイM870tacticalのカスタムを紹介します。
カスタム内容は「M870shoty&SALIENT ARMS INTERNATIONAL」カスタムです。


SAIショットガンは以前M3を作成しました。
ロングバレルはカッコ良いので好きなのですが・・・
いかんせんインドア中心の我々には長すぎるんですよね~。
チーム員T君はブリーチャーなので、
私はライフルストックのショートバレルバージョンを目指しました。

詳細です。
いつもながら加工途中の写真撮り忘れちゃうので
ほとんど完成画像しかないんですけどね。

バレルはショートにして、フォアエンドグリップにはステップリングを追加。


フロントサイトはノーマルの白ドットを外し、3mm集光アクリル棒を突っ込みました。
光取り入れる為に上部を切り欠き加工しております。
ノーマルパーツに追加工で割りと手軽に集光サイトが出来ますのでおススメです。


ポートカバーですが、以前のM3と同じ手法でボルトの切削加工を再現しました。
エアガンの宿命ですね、スペースの都合上立体的に出来ないのが残念ですが、まあ妥協ポイントですね。


ストックはノーマルにステップリング加工です。

仕様です。
■内部はインナーバレルとホップパッキンを接着し固定のみ、それ以外はノーマル
■M870TACTICALベース、ショートバレル加工
■フォアエンド、ストックにステップリング加工後、ウレタンつや消しブラック塗装済み
■レシーバーは全体を一度研磨、平面出し、パーティングライン消し後ウレタンつや消しブラック塗装済み
■レシーバーにはSAIロゴをステッカーで再現
■ポートカバーはオリジナルのSAIロゴ入りゴールドプレート
■初速 気温/23度 6mmBB弾 G&G0.2g 
6発発射 約68m/s

3発発射 約82m/s


来週末は久々のサバゲーに行きますので楽しみです!
ではでは。










  


Posted by ibex  at 03:12Comments(2)カスタム