2018年11月02日

3Dプリント用データについて


いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

前回の記事でご紹介した、
3DプリンターでのGLOCK用サプレッサーは、エアガン向けの素材・機能をもったオリジナルデザインでございます。



サバゲーでも使っており、結構欲しいと言ってくれる方も居たりして嬉しいのですが、
プリント→表面処理(瞬着+研磨)→塗装
と、造形以外にも処理が結構大変で、中々完成品を提供する事は難しく、
販売する事は考えておりませんでした。

そんな中、ブログコメントに「3Dプリンタは持っていて自分で造形するからデータを購入したい」と
いただいたのものあって、
データ提供だけならできるかも?と思いました。


ただし、現状だと販売したデータは自由に複製・改変が出来てしまう
クリエーターにとって頭の痛い問題ではあるのですが、
こんなブログを覗いてくれる様なマニアなユーザーは、今までの経験から言って
ものすごく良識を持った方ばかりなので、そこは信用できるかなと思っています。

という事で、もしブログをご覧いただいて、3Dデータが欲しいという方がいたら
下記メールまでお問い合わせいただけば、個別に対応させていただきます。
nunodesigng@gmail.com

まあ、3Dプリンターもデータさえあれば完璧にプリント出来るわけでもなく、
正常なプリントを保証することは出来ないのですが、
DIY推奨派としては「自分で作る!」という気概には素直に応援したい気持ちです。

また、3Dプリンタも持ってないよ~という方もいらっしゃると思いますので、
DMMなどの3Dプリントサービスなどに登録し、皆様が直接造形物を購入出来る様にするのも
いいかなと考えております。
こちらは、近々色々な素材でテスト作成してみようと思ってますので、
また進捗はこちらで報告いたします。

ではでは
  


Posted by ibex  at 04:06Comments(0)お知らせカスタム電動GLOCK

2018年08月17日

電動GLOCKサイレンサー作成@3Dプリンター その②


みなさんこんばんは。
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今回は電動GLOCKサイレンサーの第二段です。
前回は純粋なサイレンサーを作成しましたが、
今回はサイレンサー+バッテリーボックスです。

前回のサイレンサーです。

消音性などもそこそこ実用的になったところで、いつも電動ハンドガンで悩まされていた
バッテリー容量についての改善策を追加しました。
通常電動ガンに使う様な容量のリポバッテリーを収納出来る様にします。

3Dプリントした状態がこちら。



今回は経常の都合で縦にプリント下都合で下部の造形が荒れておりますが、
例により瞬間接着剤を染込ませ補強し、形状修正をします。

そして塗装をして仕上げました。



GLOCKの取り付けはこんな手順

まずバッテリーの延長ケーブルを作成。

シリアルプレート部の穴をコネクタが通るくらいに拡大します


この状態でバッテリーを接続。


サイレンサーを装着し、バッテリーを収納。

配線取り回しをしてカバー兼位置固定用ボルトを左右から留めて完成。

下部にレイルをつけて、ウェポンライトも装着出来る様にしたつもりが、
位置固定用の凹みを造形し忘れてました・・・
ま、実銃ではありえないデザインなのですが、電動ハンドガンならではの機能を持ち、
かつて自分の中で憧れであったロボコップのオート9を彷彿とさせるデザインとなり
自己満足に浸るのでした~。

  


Posted by ibex  at 02:14Comments(1)カスタム

2018年08月14日

電動GLOCKサイレンサー作成@3Dプリンター



ブログをご覧いただきありがとうございます。
お盆休みという事で、猛暑の中サバゲーには行く気も体力もありあませんが、
仕事の合間に過去のカスタムを整理ついでに、ブログにアップします。
これはもう半年くらい前ですが、仕事で安い熱積層式の3Dプリンターを導入しましたので
カスタムガンに使ってみました。

3Dプリンターはデルタ式というやつで、アマゾンで3万円くらい。安いな~。精度もスピードもそこそこ。
フィラメントはABSなので、仕上げや塗装も普通に行えます。
早速モデリング。


コンセプトとしては
■ノーマル電動グロックにも装着可能
(自分の電動グロックは14mm逆ネジマズルを取り付けしていますが、ノーマルでは標準的なサプレッサーを付けられない)
■取り付け取り外しがワンタッチで行える様にする
■エアガンならではの特徴を活かし、オリジナルの構造を考える
■吸音も従来のスポンジではなく、実銃用サプレッサーの様な内部構造で行えるか(実験)
>サイドの空気穴から音を伝達する空気を後方に逃がし、発射音を前方には行かない様にする

また、3Dプリンタのメリットを活かしてすべて一体化されたものを一発で作れる形状にします(3Dプリンタの実験)
(プリントするのに半日くらい掛かるので量産は無理だけど・・・)

さて、モデリングが出来たところで早速造形開始



ABSは反りやすく、上面の造形時に下部が沿ってきてしまいました。

一応、グロックのレイル部での固定を想定したクリップ部の掛かりなどを確認。


やっぱり下面が沿ってますね・・・
という事で造形は出来たもののこれはNGなので内部を確認するために、積層にそって分解します。

内部はこんな感じで入り組んだ部屋になってます。
すべてのパーツを一体造形するのですが、封じ込める構造なのでサポート材が使えず
リブ構成でパーツ同士をつなげて造形できる形にアレンジが必要になります。
いくら3Dプリンターとはいえ、地球上で造形する以上は重力には逆らえませんからね!

気を取り直してTAKE2



今度はちゃんと寸法通りできました。
積層痕は全体に瞬間接着剤を塗りたくりパテ埋めします。
ヤスリ掛けして塗装して完成!





発射音については、市販サプレッサーと同じくらいの効果はあるかな?
高音がカットされる印象です。

その2へつづく

  


Posted by ibex  at 20:50Comments(4)カスタム

2018年08月08日

SAI JAILBREAK-GRY EMG電動ガン その②

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
JAILBREAKの続きです。

さて、中身はドノーマルなので電子トリガーを。


GATE社TITAN COMPLETE SETです。
日本の代理店ではなく、本国から買えたので直接買いました。(25000円くらいだったと思います)

バラして

組み込み終了。



バージョンアップパッチを当ててVer2へ。

写真はないのですが、組み込みのトリガースプリングの硬さに苦労して、
トリガーセンサー5個の内、前側3つをトバしてしまいました・・・
本当はストロークの位置を自由に設定できるのですが、その機能が使えなくなってしまった。
まあ、でもトリガー位置で数ミリという範囲なのですが。
という訳で完成!


ボルト風ゴールドのカバーは光沢の金でしたが安っぽかったので、艶消しクリアーでコートしてあります。
全体的に落ち着いたイメージに仕上がりました~。
完成後もサバゲーで何度が使ってますが、弾道も素直でいいですね~。
これでベンガジごっこが捗ります(笑
ではでは。
  


Posted by ibex  at 13:26Comments(0)カスタム

2018年08月07日

SAI JAILBREAK-GRY EMG電動ガン

更新が滞っているにも関わらずいつもブログをご覧いただいている皆様 ありがとうございます。


最近のネタではなく、1年ほど前に購入後カスタムしたネタで更新します。
EMG(中身はG&P製との事)というメーカーの電動ガン
SAI JAILBREAK GRY です。
グロック同様、
「13時間 ベンガジ秘密の兵士」に影響されまくり、買ってしまいました。

そして現物が届きましたが・・・

実銃をWEBで見ていたのはこちら


まず色が違う。
実銃はメタリックなグレイだと思われます。
これはイカンという事で、早速バラバラにしまして鈴友さんにセラコート施工依頼を出しました。
色についてはアームズマガジン社かどこかで最近塗ったとの事で、およそ実銃に近いであろうという
グレーを選択。

実は思いのほか明るい仕上がりだった(写真撮るの忘れました)事と、
綺麗すぎて玩具感が出てしまったので、
全体的にブラッシング(模型用語でトーンを落とす塗装の意味)を施し、
若干の汚れ感と共に、トーンを落とすことに成功しました。

ハンドガード先端は色が違う様で、これも鈴友さんのデータにあった実銃と同じ色を選択しました。


そして一度組み上げたのがこちら。








ハンドガード先端はマズルフラッシュで煤汚れが付いてます(のイメージ)
塗装色がバッキリ別れてたので違和感がありましたが、これも煤汚れ風塗装でごまかし
実銃イメージに近くなりました。


次はアウターバレルです。
実銃は凝った形状になっており、こちらも機械加工を施します。
元の形状はこちら。


まずはCNCにて切削加工。

簡単に書いてますが、データ採寸、3Dデータ作成、冶具作成など手間は色々掛かってますね。



レーザー刻印とはいきませんが、ステッカーにてロゴを再現。



ハンドガードの穴からチラリとロゴが見えます。

続く。
  


Posted by ibex  at 15:03Comments(0)カスタム

2018年03月27日

COYOTE<ARES>KRISS Vector


もうだいぶ更新できておりませんでしたが、いつもブログを見に来ていただいてる方、
ありがとうございます。
以前の様にご依頼を受けれる様な状態では無いのですが、
仕事の合間を縫って気晴らしにエアガンを弄ったりしています。

今回のネタは”電動クリス・ベクター”です!
思い立ったのは一ヶ月ほど前でして、色々調べてみました。
電動ベクターといえば、イカ印、A&K、そしてCOYOTEの3種類とのこと、
お気に入りサイトの
「クリプトビオシス」様http://housyun.militaryblog.jp/
の記事や、
「エボログ」さんなどの解説記事をじーっくり読ませていただいて、
どうやらCOYOTE=ARES製という事が分かり
以前ハニーバジャーをカスタムした時にARES製「AMOEBA」シリーズの
電子トリガー、磁石によるセクターギアの制御(カスタム次第でプリコック仕様にも)など
非常に好印象だったので、今回もCOYOTEをチョイスしました。
イカは本物の射撃反動軽減機構?と似たようなレイアウトを取っていますが、
オリジナルのFETでカスタムに幅がなさそうなのと値段でやめました。

■注文-荷物到着

アマゾンでポチと。「KV タイプ 電動ガン 電子トリガー & 2点バースト搭載 BK」という名前でした。


外観なかなか良いですが、成型時のPL(パーティング・ライン)にバリが多数。
そのせいで手触りがザラついて感じますので、すべて面取り加工しました。随分サラリとした手触りになりますので
お勧めです。


■分解

このご時勢、こんなニッチな情報が手に入るというのはありがたい事です。
分解方法、定番のカスタムなんかもチェック済みなのでスムーズです。

■カスタム

メニューとしては定番のものを一通り。
・気密漏れを改善>初速アップ
・モーターをトルク型に変更しレスポンスアップ
・プリコックはしない
・ホップシステムの改善


記事にすべきかどうか迷うくらいの特徴の無いカスタム・・・というか改善に終始しているので
まあ、コヨーテベクターを購入して「普通」に使えるようにしたい方に参考になればと思います。


シリンダーヘッドからチャンバーへの経路は定番のバネ撤去、Oリング3本ですが、加えて
収縮チューブでOリングが広がりすぎるのを押さえます。
シリンダーヘッドにはシーリングテープ。

ノズルの段差を0.5~0.8mmほど削り深く入りチャンバーパッキンへの密着度をアップ。

ノズル後端はアルミステッカーで極力チャンバー内径に近いところまで持っていく。

チャンバーへのノズルはΦ6mmへ穴を拡大、シリコンチューブを挿入という「クリプトビオシス」のカスタムを参考に。
ホップシステムは樹脂直押しから1mmシリコンシート(シリコンチューブから切り出した物)を介して押す様に。
ホップアップパッキンはマルイ純正。やっぱりこれが一番、長期間安定した性能を発揮してくれます。


ピストンについては純正のピストンヘッドを外し(ネジロックがついてて外れないので破壊しました)
ステンレス製の重量ピストンを試してみた。
純正ピストン18g→24gくらいに増量しましたが、初速が81m/s→75m/sに下がってしまいました。
バネが強いのですが、ピストンスピードが下がってしまったようです。
最終的には従来型の樹脂製吸気型ピストン(メーカー不明)に。重量も18gほど。
シリンダーはライラクスの加速ポートFタイプ。


今回リポバッテリーを3セル11.1Vをチョイスしております。
2200mAのバッテリーを使いたかったのでメカボックスを削ってみたのですが、入らず・・・
結局1300mAのサイズを収める事にしました。

こちらKYPOMのリポバッテリー。電動ガン用ではなく、今流行のドローンなどに使われてる様です。
性能も良くてコストもどこぞの「ボッタ」ではないので、お勧めです。
ちなみに、今回コネクターを「エボログ」さんでも紹介しているXT30というやつに総取替えしました。
今までミニT使ってたんですが、メーカーによって規格が統一されていない事に辟易として。。


アウターバレルは左右メカボックスに挟まれるタイプなのでガタガタ。
6箇所M3イモネジを追加しインナーバレルとセンターがずれない様に調整しながた少しずつ締めていきます。
これでがっちり固定できますが、ちゃんとセンターが出てる保証が無いので、
サイレンサーなどはつける気になりませんね。(BB弾が接触したり軌道が変わる可能性あり)


50発のショートマガジン3本、ストックパイプのオプション品を追加購入。
ダットはLEUPOLDのレプリカを。



説明が言葉足らずかもしれませんが、上記の改善を施しました。
・ほとんど仕様を変更していませんが、気密アップだけで初速81m/s→90m/sにアップ。(サイクルは20rpsほど)
この銃、初速がめちゃくちゃ安定してます。上下で0.5m/sくらいしか上下しませんし
これなら弾道も安定しますね。
11.1V+ガーダーのハイトルクモーターの組み合わせでトリガーレスポンスもキビキビ。

まだレンジで試し撃ちできていませんが、次のサバゲが楽しみです。
  


Posted by ibex  at 06:19Comments(0)カスタム

2017年08月27日

【3ヶ月ブリの更新!】加工依頼品の完成

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。NDZです。
3ヶ月もの間、仕事が忙しくて全く更新できませんでした。
5月頃、カスタムのご依頼頂きかなりの長期間お待たせしてしまっておりましたが、
なんとか完成になりましたので、写真を載せようと思います。

まずはK①様ご依頼のガスブロG18Cのスライド&フレームカスタムです。

フレームにはオリジナルの加工がすでにされておりましたので、
その形状を生かしてステップリングを加工。




スライドはSAIカスタムで、穴の開いてないタイプですね。






続きましてK②様ご依頼のガスブロG17 スライド&フレームSAIカスタムです。






こちらは通常のフレーム加工&ステップリングです。





スライドはブロンズアルマイト風の塗装仕上げになります。

こちらのご依頼主には大変お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
ブログを見てご依頼希望のご連絡を頂く事もあったのですが、
ここ3ヶ月はお断りしていた次第です。
また、いつか余裕ができればカスタム依頼は受けたいと思っておりますが、
現在はまだバタバタしておりお受けできない状況となります事ご了承ください。

ブログは細々と更新するつもりなので、末永くよろしくお願いいたします。
では

  


Posted by ibex  at 19:33Comments(0)カスタム

2017年04月13日

ホルスター位置調整

こんばんは。NDZです。
たまには装備の紹介おば。
すこし調整というか、カスタマイズして使いやすくしましたのでご紹介。
ハンドガンのホルスターは、皆さん色々模索してると思いますが、私が愛用しているのは
「warrior assault systemsユニバーサル ホルスター」というやつなんですが、
ガンベルトの位置だと若干高いんですよね。
かといってレッグホルスターも考えたんですが、フラフラするとか、走ると位置がずれるとか色々レビューあったので迷った挙句
「ブラックホーク ジャケット・スロット・デューティー・ベルトループ スクリュー付 44H901BK」
これを購入して、位置を下げることにしました。


さて。
この商品はブラックホークのホルスターの取り付け規格になっている訳で、そのままでは取り付けできませんので、
アダプター的な物を自作しました。



サクッとCAD-CAMでプログラム作成してNCフライスにて3mmABSの板から切り出しましょう。


サクッと完成。

ホルスターのMOLLEベルトへ通してみます。ちゃんと通る事を確認して・・

加工が終わったら塗装します。

もう一枚の板で挟みこんで


ベルトループへ固定。


んで完成~。



無事下げる事ができました。
AWSのホルスター使ってる方の参考になれば。

ではでは  


Posted by ibex  at 02:40Comments(0)装備

2017年04月10日

GLOCK 17 "AGENCY" PLASTIC SLIDE CUSTOM(セラコートver)

みなさんこんにちは。NDZです。
今回は以前作成したプラスチックスライドカスタムのGLOCK:AGENCYスライドに、
鈴友さんにて セラコートを施工していただき
組みあがりましたのでご紹介します。


(転載失礼します!問題あれば削除いたします)

組み上げについては、コーティング膜厚分クリアランスが狭くなりますので、
勘合部のすり合わせが若干必要になります。


その際に紙やすりなどで慣らしたのですが、非常にコーティングの強度が高いことが肌で分かりました。
対薬品性にも優れており、グリスや接着剤が付着したとしてもアルコール等で表面を洗浄可能です。
塗装ですとマット仕上げにしてあっても少し擦っただけでツヤが出てしまったり、
アルコール等で擦ろうものなら完全に質感が変わってしまいますからね。



色については”バーントブロンズ”で調色をお願いいたしました。
元々ブロンズ色が好きで色々写真をお送りしてたんですが、とあるほかの記事で鈴友さんが
バーントブロンズという色を施工されているのを拝見して、
おそらく、作業工程上、流通の多い色指定の方が作業効率が良く、施工に掛かる時間も短縮されるかな?
という考えでこの色をお願いいたしました。
おかげさまで、仕上がり、質感、色も完璧に仕上げていただき、納期も一週間ほどで作業完了のご連絡を頂きました。


スライド内部にもきっちり処理していただき、勘合部のすり合わせが必要なものの
スライドオープンなどで見える部分もありますので、良かったと思っております。


RMRマウントのカバーはABS樹脂製で普通のマットブラック自家塗装です。(なのでセラコートと比べると塗膜の弱さが気になる・・・)
今度から必要な部品はまとめて施工してもらおうかな~






今回初めて”セラコート”を使わせていただきますが、サバゲーでも安心して運用できる、
本当に素晴らしい処理と思います。
このGLOCKは自分の愛銃として、セラコートの実用性の確認も含めフィールドテストしようと思ってます。
カスタムの最後の処理として、今後も益々使いたくなりますね~。
鈴友様 今回は迅速な対応ありがとうございました!

  


2017年04月10日

電動GLOCK:SAIカスタム 完成!

こんばんは、NDZです。
電動GLOCK:SAIカスタムが完成しました。


仕様は下記になります。
■電動GLOCK17:SAIカスタム(東京マルイ電動GLOCK18Cベース)
■強化スプリング&6.01インナーバレルにて初速UP(80~82m/s)、NEOXリポ、picossr3
■セミオートオンリー
■RMR(レプリカ)ダットサイトマウント


ガスブローバックと同じ仕様にて肉抜き、セレーション、刻印加工をしております。

右サイドの肉抜き穴からはバッテリーのTコネクターが見えます(笑)が、ここは電動ハンドガンとして割り切る事にします。


上面は大きめの肉抜き穴からアウターバレルが見えます。SAIロゴステッカーにて装飾しております。


フレームもトリガーガード下部の加工、マガジンキャッチボタン部の逃げ、スティップリング加工です。
今回トリガーをストレートに加工しました。
本当は瞬着やABS樹脂を盛ってSAIトリガーと同じ形にしようと加工始めたのですが、
材質がナイロン樹脂(一切の接着ができません)と分かり、あきらめてストレートに加工するのみになりました。
なので、少し短い形状になってしまいましたが、これもご愛嬌。ストレートトリガーは好きなので、コレで良しとしましょう。



スライドカバーを外すとこんな感じです。
チャンバーやノズル部分を覆うインナーカバーは、RMRを低くマウントする為に以前の記事の通り取っ払っております。

バレルのチャンバー部分は一体成型なので、ステッカーにてツヤの違いを再現してあります。




ウェポンライトはもちろん、サイレンサーも装着可能です。






ノーマルとは一味違う電ハンGLOCKとなりました。
内部にも手を入れましたので、我がサイドアームとしてしばらく活躍してくれそうでサバゲーが楽しみです!

電動GLOCKのカスタムは当ブログでも意外と人気があるみたいなので、需要があるのかな?
お気軽にお声掛けください。

ではでは!  


Posted by ibex  at 01:27Comments(5)電動GLOCK